子どものオンライン授業を快適に!

公開日:2022.05.25
子どものオンライン授業を快適に!

オンライン授業の基礎知識と、集中して授業を受けさせるためのポイント

大人にとってテレワークが当たり前になったのと同様に、「オンライン授業」は子どもたちにとって身近なものになりました。実際に、お子様が通う学校や塾・習い事などでオンライン授業が始まったという方も少なくないと思います。同時に、「子どもがなかなかオンライン授業に集中してくれない」というお悩みを抱えている方もいらっしゃるはずです。 そこで今回は、今さら聞けないオンライン授業の基礎知識や、子どもにオンライン授業へ集中してもらうためのポイントをご紹介します。オンライン授業を快適にする便利グッズもあわせてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

オンライン授業の種類

まずは、オンライン授業にはどのような種類があるのかを確認しておきましょう。オンライン授業の形式は、大きく「オンデマンド型」と「双方向型」の2つに分けられます。

オンデマンド型

オンデマンド型は、動画を見ながら自主的に勉強する形式のオンライン授業です。学校の先生や塾の講師があらかじめ授業を録画しておき、生徒がその動画を再生します。 オンデマンド型の特徴としては、生徒が好きなタイミングで授業を受けられることが挙げられます。特に、集中できるときにまとめて勉強を進められるのは、オンライン授業ならではです。

双方向型

双方向型は、先生と生徒がビデオ会議をしながら、リアルタイムにやり取りをする形式のオンライン授業です。ビデオ会議には、このコロナ禍で耳にすることも多い「Zoom」などのツールが使われます。 双方向型では授業をする側と受ける側がリアルタイムにやり取りでき、授業に関する質問などをすることが可能です。物理的な距離が離れてはいるものの、対面での授業に近い形で勉強できると言えるでしょう。

オンライン授業のメリット

続けて、対面での授業と比較したときの、オンライン授業のメリットについてご紹介します。主なメリットは3つです。

通学などの移動にかかる時間を節約できる

自宅から学校や塾・習い事の教室までの距離にもよりますが、移動にかかる時間は意外と大きなものです。身支度もしなければならないことを考えると、その時間を勉強に回すことができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

落ち着いた環境で授業を受けられる

教室によっては周りの生徒の私語などがあることで、授業に100パーセント集中できない可能性が考えられます。その点オンライン授業では、後述の環境を整えさえすれば、勉強だけに向き合うことが可能です。

子どもによっては対面の授業よりも学習効率が高い

オンライン授業では、パソコンやタブレットを使って、授業中にわからないことをすぐに調べることができます。また、対面ではなかなか質問する勇気が出ない子でも、チャットなどで先生とコミュニケーションを取れるという点もメリットです。 もちろん子どもの性格や普段からの学習方法によって、向いている勉強の方法は違いますが、「オンライン授業のほうが効率良く勉強できる」という子も決して少なくないでしょう。

オンライン授業のデメリット

メリットとあわせて、オンライン授業のデメリットも確認しておきましょう。注意しておきたいのは以下の2つです。

機器やインターネット回線など、授業を受けるための事前準備が必要

オンライン授業を受けるにあたっては、パソコンかタブレットなどの機器と、インターネット回線の用意が必要不可欠です。 ご家庭によっては「普段使わないから家にインターネット回線を引いていない」というケースも少なくないため、この点はオンライン授業を受ける準備のなかでも、知識を必要とするなど、少しハードルが高いという方もいらっしゃいます。

人目がないことで真面目に授業を受けない子どももいる

メリットの項目で挙げた落ち着いた環境は、逆に言えば「いつでもサボれる」というデメリットにもなり得ます。 また、オンライン授業を受けてこなかった子どもにとっては、そもそも授業に集中できない恐れもあるでしょう。小学生など、低年齢の子どもにとってはなおさらです。

オンライン授業の学習効果を高めるためには?

オンライン授業のメリットとデメリットを確認したところで、どうすれば皆さんのお子様が集中してオンライン授業に取り組めるのかをご説明します。 結論から言えば、親が子どもにためにできるのは、オンライン授業のための環境を整えてあげることです。兄弟がいる場合、オンライン授業の間は親が面倒を見る……といった対策は代表的な例と言えます。その他、机の上にスマホを置かせないなど、子どもが自然と集中できるように促すのも良いでしょう。 また、万全の状態でオンライン授業に臨めるように、パソコンの周辺機器などを不足なく揃えてあげることも重要です。 パソコンやタブレットとインターネット回線というのは、あくまでオンライン授業を受けるための“最低限”の環境。大人が仕事でプリンターやコピー機、FAXといった多くの周辺機器を使っているように、子どもにとっても授業を受ける環境は重要になります。可能であれば、以下で紹介するグッズなどを用意できるとベターです。

オンライン授業を快適にするポイントとおすすめグッズ

ここからは、オンライン授業を受ける環境づくりで押さえておくべきポイントや、関連するおすすめグッズをご紹介します。

オーディオ機器は外付けのものを用意する

ノートパソコンやタブレットには、スピーカーが内蔵されているモデルも多くあります。しかし、性能が控えめなケースも珍しくなく、オンライン授業の音声がはっきりと聞き取れない……という事態も考えられます。 スピーカーを使ってオンライン授業を受ける場合には、できるだけ外付けのものを用意すると良いでしょう。

オススメアイテム!
Bluetooth
360° スピーカー
SPK-303 BK
Bluetooth360°スピーカー SPK-303 BK
Bluetooth
ANCヘッドホン
ANC805 BK
Bluetooth ANCヘッドホン ANC805 BK
気が散らないように机の上には余分な物を置かない

オンライン授業を受けるとき、机の上に物が溢れかえっていると、無意識に視線が向くことで授業への集中が妨げられてしまいます。机の上にはオンライン授業で必要になる物だけを出すようにして、すっきりさせたいところです。

オススメアイテム!
ヘッドホンスタンドEJ3 BK
ヘッドホンスタンドEJ3 BK
タブレットやスマホを使うときは見やすい角度に調節する

タブレットやスマホでオンライン授業を受ける場合には、画面を見やすい角度に調節しておきましょう。 普段タブレット・スマホを使うときには手で持つことも多いと思いますが、オンライン授業ではそうはいきません。そのまま机に置いて見下ろすように画面を見ると首や肩に負担がかかって疲れてしまうため、スタンドを用意するのが理想です。

オススメアイテム!
アルミ折りたたみ式
スマホスタンド
Z28B BK
アルミ折りたたみ式スマホスタンド Z28B BK
グリーンハウス
スタンドになる
タイプCケーブル1m BK
グリーンハウス スタンドになるタイプCケーブル1m BK

まとめ

今回はオンライン授業の基礎知識や、子どもに集中してオンライン授業を受けてもらうために押さえておくべきポイントをご紹介しました。 オンライン授業では、周辺機器などを含めた環境が学習効率に直結します。皆さんのお子様が勉強に専念できるように、今回ご紹介した内容を一度チェックしてみてはいかがでしょうか。