今なら安い!コスパ最強ゲームソフト

Vol.18 2021.09.08更新

今ならとってもお安く買えちゃう コスパに優れたゲームが勢ぞろい!
ゲオオンラインストアゲーム担当のワタクシ徳永が、こだわりポイントのコメントとともに紹介していくぞ!
いろんなゲームを遊びつくしたいそこのあなた!
思わず昔を思い出す懐かしのレトロゲームや、ゲーマー必見の知られざる名作などなど・・・。
NintendoSwitch/WiiU/Wii/3DS/DSの任天堂機種や
PS5/PS4/PS3/PS2/PS/PS Vita/PSPのソニー機種の
おすすめソフトの中からあなた好みのゲームを見つけ出せ!

何度も新鮮な気持ちでやり込める 繰り返しプレイでダンジョンを攻略!ローグライクゲーム編

数あるゲームジャンルの中でもコア向けとされるダンジョンRPG。 プレイするたびにマップやダンジョンが変化するローグライクゲームは、何度遊んでも楽しめるし、夢中でガッツリやり込めるのが魅力だ。 そこで今回は、ライト層からヘビー層までおすすめできるローグライクゲームを紹介するぞ!

特集タイトル一覧
飽くなき挑戦心と精神力でクリアを目指せ!
不思議のダンジョン 風来のシレン4
神の眼と悪魔のヘソ
パッケージ
DSスパイク
【ジャンル】ダンジョンRPG
【プレイ人数】1人
【対象年齢】12歳以上対象
【発 売 日】2010/2/25
【ネットワーク】対応
DSワイヤレスプレイ 2人対応

和製ローグライクゲームの代名詞と言えば「風来のシレン」シリーズだ。歴史の長いタイトルであり、一度は遊んだことがあるという人も多いのではないだろうか。風来のシレン最大の魅力は、何といってもその難易度の高さにある。筆者が初めて風来のシレンをプレイしたのは小学生か中学生ぐらいの時だったが、ローグライクゲームそのものが初めてだったことと、今のようなゲーマー脳が育ち切っていなかったことから、コテンパンにやられてしまったことを今でもはっきりと覚えている。そのナンバリングタイトルであり、DSで発売された本作「不思議のダンジョン 風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ」も、当然のことながら高難易度だ。

だがしかし、確かに難易度は高いのだが、往年の洋ゲーのような理不尽な難易度の高さではない。自身のレベリングや戦略が足りていないから勝てない、という納得感のある難易度の高さであることが、風来のシレンシリーズならではの妙技とも言えよう。

少しずつ自分自身を強化し、武器や防具を鍛え、戦闘に有利なアイテムを揃えていく。そして、万全の体制を整えたところで、一球入魂、ダンジョンに潜っていくのだ。負ければすべてを失うという緊張感が最高のエッセンスとなり、プレイ時間をより濃密なものにしてくれるだろう。飽くなき挑戦心と、一度や二度の失敗をものともしない精神力、そして最後はゴルゴ13よろしく「運」を持ち合わせているプレイヤーだけが、クリアという栄光に辿り着けるのである。

キャラの魅力度 ★★★★★
魔物の強敵度 ★★★★
全アイテムを失った時の絶望感 ★★★★★
ゲームイメージ
720匹のポケモンが勢ぞろい!
戦略性十分なローグライクゲーム
ポケモン超不思議のダンジョン
パッケージ
3DSポケモン
【ジャンル】ダンジョンRPG
【プレイ人数】1人
【対象年齢】全年齢対象
【発 売 日】2015/9/17
【セーブデータ数】1
ローカル通信 NINTENDONETWORK

ポケモン×ローグライクゲームという夢の競演を実現してくれた「ポケモン不思議のダンジョン」シリーズ。本作「ポケモン超不思議のダンジョン」はその集大成とも言える一作だ。

ポケモン最大の魅力と言えば、やはり個性豊かなモンスターたちだろう。本作では、発売当時に各ポケモンシリーズで登場していたモンスターたち720種類が勢ぞろいしており、それらすべてを仲間にしていくことができる。正直、ポケモンファンとしてはそれだけで「買い」の判断ができてしまうと言っても過言ではないはずだ。

しかし、そこは不思議のダンジョンシリーズ。ゲームシステム面でも、がっちりとゲーマーの心を掴んでくれる。登場ポケモンが多いということは、それぞれの持つ特徴・強みが多いということであり、それを組み合わせて戦う戦略性が非常に高まるということである。最初に挑戦した時はあっけなくやられてしまったダンジョンでも、一緒に潜る仲間を見直すことで、あっさりとクリアできてしまうこともあるだろう。その塩梅がなんとも心地よく、色々なパターンを試してみたいとの思いから、自ずとプレイ時間も長くなってしまう。そういう意味では、コストパフォーマンス面を見ても「買い」と判断できる作品だ。

ローグライクゲームなので、当然難易度は優しくはないのだが、ポケモンたちが動き回る姿は非常に可愛らしく、殺伐とした気持ちにもなりにくい。だからこそ本作は、ローグライク初心者にこそおすすめしたい。ここでローグライクの魅力に憑りつかれ、ローグライク沼にハマっていく人が増えることを願おうではないか。

キャラの充実度 ★★★★★
個性と戦略性 ★★★★★
歩くポケモンの姿萌え度 ★★★★★
ゲームイメージ
戦略性の高さはローグライク界随一!
自分なりの攻略法を見つけよう
世界樹と不思議のダンジョン2
パッケージ
3DSアトラス
【ジャンル】ダンジョンRPG
【プレイ人数】1人
【対象年齢】12才以上対象
【発 売 日】2017/8/31
【セーブデータ数】1/別途中断セーブ:1
ローカル通信 NINTENDONETWORK

マッピングによるダンジョン探索という新しいジャンルを築き上げた「世界樹の迷宮」シリーズと、和製ローグライクゲームでお馴染みの「不思議のダンジョン」シリーズ。この二つが合体して化学反応を起こし、それぞれの輝きを倍増させてくれた意欲作「世界樹と不思議のダンジョン」。そのシリーズ第二弾となるのが、この「世界樹と不思議のダンジョン2」だ。

ローグライクゲームと言えば、基本的には主人公一人か、1人か多くて2人の仲間を連れてダンジョンに潜ることになるのだが、世界樹の迷宮シリーズの血が入った本作では、4人パーティでダンジョンに潜ることになる。そしてパーティメンバーは15種類もあるジョブから選んでいくことになるため、もはや無限大とも言えるぐらいの戦略が立てられるようになっている。この奥深さはなんとも世界樹の迷宮らしく、運の要素に左右される部分も大きいローグライクゲームにとっては少々異質とも言える印象を受ける。しかし、自らの戦略がピタリとはまり窮地を脱出できた時の喜びは、運を味方につけた時のそれよりも大きく、得も言われぬ達成感を与えてくれるだろう。

またこれも世界樹の迷宮シリーズらしさとも言えるが、成長システムもしっかりしており、キャラクターのレベリングはもちろん、サブクラスという各ジョブの強みを組み合わせられるシステムも存在する。攻撃に特化したメンバーにしても良いし、攻撃と回復をこなすオールマイティなメンバーにしても良いし、はたまた採集やサポート専門のメンバーにしても良い。プレイする人の数だけ変化があり、楽しみ方がある、魅力的な一作だ。

高い戦略性 ★★★★★
各ジョブの魅力度 ★★★★
プレイスタイルありすぎ度 ★★★★★
ゲームイメージ
東方キャラが集結!
大勢の仲間とともにダンジョンを攻略せよ
不思議の幻想郷 −ロータスラビリンス−
パッケージ
Switchアンティーズ
【ジャンル】ダンジョンRPG
【プレイ人数】1人
【対象年齢】12才以上対象
【発 売 日】2019/7/18
Nintendo Switch Proコントローラ対応

東方Projectのファンゲーム「不思議の幻想郷」シリーズから、ダンジョン探索RPGが登場した。それが「不思議の幻想郷 −ロータスラビリンス−」である。東方紅魔郷から東方紺珠伝までの全キャラクターがフルボイスで登場するという、ファンにはたまらない一作となっている。

一般的なローグライクゲームと異なるのは、ダンジョンに連れていける仲間の数が圧倒的に多いということ。数十人の仲間とともにダンジョンを突き進み、攻撃や探索を通してマップを攻略していくことができるので、なんだかもう、わちゃわちゃ。かわいいキャラたちが敵を蹂躙していく様は、東方ファンでなくともテンションが上がるはずだ。

さらに、仲間でチームを組んでプレイヤーとは別に行動させることもできる。別部隊にマップの探索を任せておけば、フロアのマップがガツガツ開放されていき、もはやプレイヤーはやることがなくなってしまうくらい。優秀な仲間がたくさんいるのはいいことだ。

ローグライクゲームといえば武器や防具の装備によるキャラクター強化。数十人単位で仲間を連れ歩ける当ゲームでは、装備管理を効率的にするシステムが一工夫されている。主人公が武器や防具、お守りを装備すると、その効果が仲間にも反映されるという仕組みなのだ。しかもそれぞれ10個ずつ装備できるので、最大30個の装備を組み合わせて総合力を高めなければならない。組み合わせによって性能を最大限に高めてキャラクターを強化する戦略性も、ゲームを面白くする大きな要素なのだ。東方好きもローグライク好きも、誰もが楽しめるお祭りゲーである。

敵の蹂躙度 ★★★★★
装備の戦略性 ★★★★
わちゃわちゃかわいすぎる度 ★★★★★
ゲームイメージ
ギャルゲー×ローグライク!?
お色気要素たっぷりの正統派RPG
オメガラビリンスZ
パッケージ
PS4D3パブリッシャー
【ジャンル】ダンジョンRPG
【プレイ人数】1人
【対象年齢】17歳以上対象
【発 売 日】2017/7/6
【必要HDD容量】2900MB

「オメガラビリンスZ」はギャルゲーだ。色んな個性を持った美少女がよりどりみどり。レベルアップとともにバストアップ。アイテムは谷間に挟んで鑑定。入浴シーンもあるよ!

…そんな一見ふざけたゲームだが、実はローグライクゲームとして中々にやりごたえのある内容となっている。美少女によって腕力や体力といったパラメータが異なるため、魔法系やパワー系といった役割を与えやすい。行動する度に減っていく空腹度の管理はもちろんのこと、強敵をやっつける戦略性も求められる。

しかし、ローグライク初心者でもとっつきやすい工夫もされている。ローグライクゲームによくあるアイテム0でダンジョンに入り、手に入れたアイテムはちょっとしたミスで失ってしまうというシステムではないのだ。今までの冒険で手に入れたアイテムは持ち込めるし、購買部でアイテムを買いそろえることもできるし。ゲームオーバーでアイテムは失ってしまうスリルはあるが、絶対に失いたくないアイテムにGPSをつければ通常の倍額でそのアイテムを購入できるので安心だ。

とはいえ、やっぱり「オメガラビリンスZ」の魅力はギャルゲー要素だ。お色気たっぷりなシーンもたくさん見れる。例えば「悶絶香」。スキルを習得するためのアイテムなのだが、快感スポットをタッチするとパワーがもらえて、じらしてタッチすると恥じらいブレイクが発動して…むふふ。美少女好きで初めてローグライクゲームにチャレンジするという方におすすめの作品である。

ゲームの骨太度 ★★★★
キャラ設定の拘り度 ★★★★★
色んな意味で興奮しちゃう度 ★★★★★
ゲームイメージ